会社概要/越後植木鋏の宗家 外山刃物

創業文久年間 株式会社外山刃物
トップナビゲーションバー 動画 お問い合わせ 販売 商品紹介 技術紹介 ホーム
私達のモットーは より良い刃物鋼 より良い切れ味 お客様を大切に 宗家秀久本職用剪定鋏の刃先のイメージ画像

弊社・外山刃物の創業は、江戸時代の文久年間にさかのぼります。以来、越後木鋏の 宗家として、初代龍松(銘 龍松)、二代目富次郎(銘:珍龍)、三代目秀吉(銘: 龍山)、四代目秀久(銘:秀久)が、金物の町三条で父祖伝来の技術を受け継いでま いりました。

現在、弊社は火造り鍛造や裏砥ぎや合い刃どりなど伝統の技の確かさで、皆様から高 い評価をいただいております。その一方で、NCによる精密研磨システムや、産業ロボ ットによる製造ラインを現場の発想で開発するなど、新しいことにも果敢にチャレン ジしています。それは、「伝統の技能と先端の技術の融合」に、鋏づくりの未来を見 すえているためです。

弊社は決して大きな会社ではありません。しかし、宗家の誇りをもって、「より良い 刃物鋼」「より良い切れ味」「お客様を大切に」をモットーに、皆様に末長く愛用し ていただける確かな製品を提供し続けております。

会社概要
名称 株式会社 外山刃物
代表者 代表取締役 外山秀久
住所 〒955-0814  新潟県三条市金子新田乙 1700-15
TEL 0256-35-1722
FAX 0256-35-3355
e-mail hidehisa@toyamahamono.com
業種名 利器工匠具製造
主な製造品目 各種植木鋏、剪定鋏、華道用鋏など
資本金 1000万円
会社の歴史
文久年間 金物の町・三条で創業
昭和17年 三條鋏打刃物工業小組合設立許可
昭和18年 同設立に参加   関連文書1 2 3
昭和54年 株式会社に改組
昭和54年 現在地(三条市金子新田工業団地)に移転
平成15年 第2工場(開発部)を開設
平成16年

IDSデザインコンペ2004で 「宗家秀久作・本職用剪定鋏YP200 」がIDS賞を受賞

平成16年 「宗家秀久作・本職用剪定鋏YP200 」がグッドデザイン賞を受賞
平成17年 漆塗り華道鋏「いにしへ」を企画製品化
平成18年 IDSデザインコンペ2006で「宗家秀久作・本職用剪定鋏BB200」が審査員賞を受賞
平成18年 「宗家秀久作・本職用剪定鋏BB200 」がグッドデザイン賞を受賞
平成19年〜平成23年 フランクフルト国際見本市にYP200やBB200など秀久ブランドの主力製品を出展  写真1 2 3 4 5
平成22年〜平成23年 イギリスのチェルシーフラワーショーに出展
ご好評をいただきました
平成23年 IDSデザインコンペ2011で 「芽切り用ピンポイントカッター」がIDS賞を受賞 写真
平成25年 「秀久作・ミニミニシリーズ」がグッドデザイン賞を受賞
平成26年 NHKのドキュメンタリー番組「イッピン」において「 スパッと切れる!の秘密〜新潟 三条の刃物 」として紹介され大反響
平成26年 タイ王国のシリントーン王女殿下にBB200-Yを献上
平成27年 経済産業省「ふるさと名物品発掘・連携促進事業」で日本が誇るべき優れた地方産物「ふるさと名物」としてT-21 BB200-Y が認定されました

弊社への案内図



大きな地図で見る


(C)2005-2014 株式会社外山刃物   〒955-0814 新潟県三条市金子新田乙 1700-15
tel: 0256-35-1722/fax: 0256-35-3355 お問い合わせ  hidehisa@toyamahamono.com